お薬ができるまで

良いくすりを一日も早く患者さんの手元へ、これは私たち国民一人ひとりの切なる願いです。くすりは、図に示されておりますように、くすりの候補として選ばれた物質が動物を用いた試験、人での臨床試験(治験)の成績を国が審査し、承認してはじめて「くすり」として製造販売されます。くすりの開発は10年以上にも及びます。

おくすりの開発過程
ページトップへ